冷間鍛造とは|株式会社飯塚製作所 冷間鍛造部品の開発及び製造販売

ENGLISH SITE

株式会社飯塚製作所
IIDZKA SEISAKUSHO CO., LTD.
(代表)TEL:0743-84-0888
(営業)TEL:0743-84-0869


TOP > 飯塚製作所の強み > 冷間鍛造とは

冷間鍛造技術とは

鍛造とは


金属加工の塑性加工法の一種で金属を叩いて圧力を加える事で、金属内部の組織を圧縮し、方向を整えて強度を高めると共に目的の形状に成型します。古くから刃物や武具、金物などの製造技法として用いられてきました。

冷間鍛造とは

鍛造は大きく分けて3種類あり、材料を1200℃程度に加熱して加工する熱間鍛造』、600℃~800℃程度に加熱して加工する『温間鍛造』、 常温下で加工する冷間鍛造があります。冷間鍛造は他の鍛造工法に 比べて寸法精度が高く、表面が美しい事が特徴です。

 

1分間に100個以上を連続して生産する事が可能であり、切削加工よりも材料ロスそのままで少なく加工することが可能です。寸法精度が高く、自動車の重要保安部品などの製造にも使われます。

冷間鍛造とは研究開発設備一覧特許一覧

 

飯塚製作所の強み