MENU

沿革|株式会社飯塚製作所 冷間鍛造部品の開発及び製造販売

株式会社飯塚製作所
IIDZKA SEISAKUSHO CO., LTD.
(代表)TEL:0743-84-0888
(営業)TEL:0743-84-0869


TOP > 企業情報 > 沿革

沿革

年月出来事
1964年10月 奈良県大和高田市根成柿487-3に於て金属プレス加工業を創業
1969年10月 業務拡張に伴い、同市根成柿494番地に工場移設
1972年05月 金属プレス金型製作設備を設置し、金型製造・販売を開始
1974年04月 特殊ボルトの連続自動化ラインの開発により科学技術庁 庁官賞を受賞
1977年03月 販売形態を輸出主流から国内主流へ転換を図る
1981年01月 ボルトホーマーを導入し、冷間圧造部品の製造を開始
1984年11月 自動車用冷間圧造部品の開発・量産を開始
1987年07月 自動車部品の生産性強化のため、西ドイツ製5段パーツホーマー及び国産製4段パーツフォーマーを増設。品質保証設備の強化を図るため、データー処理機能を充実
1989年11月 事務所移設。トータルな生産システム管理を目指し、コンピューター及び光ファイリング装置を導入。関連会社とのネットワークを強化し量産体制を充実
1991年06月 工場新設。異形状部品の冷間圧造及び圧造後の機械仕上加工精度の追求の為、研究・開発部門を重視
1992年02月 社名を株式会社飯塚製作所とし、法人組織に。資本金1,000万円
1999年04月 奈良県より創造法の認証を受ける
1999年08月 ベンチャー企業創出支援事業の認定により、中小企業投資育成会社より社債2,000万円の投資を受ける、研究用として630tプレス導入
1999年12月 奈良県北葛城群新庄町に新庄工場を開設
2000年08月 資本金2,000万に増資(大阪中小企業投資育成会社より、500万円出資を受ける)
2001年10月 ISO9001<品質マネジメントシステム>認証取得
2002年07月 創造法認定事業の変更(1年延長)認証を奈良県より得て針工場新設を決定する
2002年12月 経営革新計画事業(4ヵ年)の認定を受け事業に着手(この事業テーマとして精密冷鍛技術による新商品開発を客先と協力工場のプロジェクト体制で行う)
2003年05月 奈良県山辺郡都祁村に針工場を立ち上げる (現在の奈良市都祁馬場町)
2004年01月 ISO14001<環境マネジメントシステム>認証取得
2006年02月 針工場 第2工場完成
2006年03月 スイス製ロータリートランスファーマシン1号機針工場導入
2006年10月 スイス製ロータリートランスファーマシン2号機針工場導入
2007年06月 「元気なモノ作り中小企業300社」 経済産業省 中小企業庁より受賞
2007年12月 針工場 第3工場完成
2008年03月 スイス製ロータリートランスファーマシン3号機針工場導入
2009年08月 経営革新計画事業(4年)の認定を受け事業に着手
2010年02月 NST(タイ)社と技術提携契約締結
2010年12月 ISO/TS16949認定取得
2011年12月 鹿児島工場操業開始
2012年03月 飯塚中川精密冷鍛(鎮江)有限公司 操業開始
2013年09月 国内立地推進事業費補助金により鹿児島工場増設(UL6000,H1F200ライン)
2014年06月 高速トランスファー装置鹿児島工場導入
2014年10月 創業50周年を迎える
2015年08月 代表取締役社長に飯塚靖就任
2016年01月 ものづくり補助金により鹿児島工場増設(NC2-1600トランスファー革新装置)

 

 

会社概要社長挨拶拠点一覧沿革環境方針・品質方針

 

企業情報TOP